「美容皮膚科」のご案内 保険診療

しみ対策

しみ対策

●しみとは

しみとは周囲皮膚よりメラニンが多く存在することにより生じ、ほくろ(母斑)をのぞいた後天性の色素性病変と定義されます。

つまり①老人性色素斑(日光黒子)②雀卵斑(そばかす)③肝斑④扁平母斑⑤後天性真皮メラノサイトーシス⑥太田母斑⑦炎症後色素沈着、などです。 皮膚の基底層(浅いところ)でメラニンが増えている①②③の場合は褐色に、真皮浅層から中層のやや深いところにメラニンが増えている⑤⑥の場合は灰青色に見えます。 『しみ』といっても前述のものから基底細胞癌、悪性黒子型黒色種、日光角化症のような悪性の病変のこともあり、きちんと診断を受ける必要があります。

しみの評価:一定の条件で顔全体を撮影し、しみの診断、治療前後での効果判定が必要です。当院ではreBeauという機械で同一条件での評価を行います。

① 老人性色素斑(日光黒子)の治療

長期間の紫外線暴露でできる茶褐色斑です。大小様々で濃淡もさまざまで顔のいずれの場所にでもできます。小型で多数存在するタイプは、当院ではe-PlusのSR(フォトRF:オーロラ)をおすすめします。1個境界がはっきりしているタイプはQスイッチレーザーが有効です。ただし、炎症後色素沈着といい、レーザー後に一過性にしみが濃くなる場合があるので、しっかり遮光することが大切です。フォトRF:オーロラ、レーザー治療以外では、ハイドロキノン美白剤外用療法があります。
※現在当院ではQスイッチレーザーは行っておりません。

② 雀卵斑(そばかす)の治療

小児期から思春期にかけて両頬から鼻にかけて数ミリ大の淡い褐色斑が見られます。遺伝的な素因があります。紫外線により悪化します。治療としては個人差がありますが当院では、e-PlusのSR(フォトRFオーロラ)をおすすめします。

e-Plusによる治療:SR(フォトRFオーロラ)

しみ対策

光/レーザーエネルギーとRF(高周波)エネルギーという異なるエネルギーの相乗効果で、より高い治療効果と安全性を実現しています

光/レーザーエネルギーは選択的に波長(580〜980nm)により表皮のメラニン、ヘモグロビンなどへ吸収され熱反応をおこします。効果を上げるためには強い照射エネルギーが必要になります。フォトRFではその補填としてRF(高周波)エネルギーを使用します。

 RFエネルギーは肌の色や毛の色に影響されず、真皮層まで到達できるため、光/レーザーエネルギーとRF(高周波)エネルギーの組み合わせることでより効率的に、少ないエネルギーで、より高い効果があると考えられています。

しみ対策
しみ対策
(効果については個人差があります)

症例写真1(34歳女性)
e-Plusによる治療:SR(フォトRFオーロラ)

照射後は微小な痂皮(マイクロクラスト)が形成されます。
これは照射により、表皮が限局的にこわれてかさぶたになるものです。
約1週間でかさぶたがとれてしみが改善します。

しみ対策
(効果については個人差があります)

症例写真2(34歳女性)
e-Plusによる治療:SR(フォトRFオーロラ)

光/レーザーエネルギーが表皮のメラニンに吸収され、しみ、くすみが改善し、ヘモグロビンに吸収され赤みも薄くなっています。RF(高周波)エネルギーにより肌のはりが出ています。
このように、顔全体の皮膚のしみ、くすみ、赤み、ハリの改善があるためphotorejuvenation(光による若返り)といわれています。

照射方法
照射時は表皮を保護するため、冷やしたゼリーを塗って当てていきます。照射直後は一時的に皮膚が赤くなることがありますが、クーリングによりその日のうちに消えていくことがほとんどです。痛みは強いものでなく、麻酔は使用しません。3週から4週ごとに5回治療を受けるとより高い効果が実感できます。ガーゼ保護は必要なく、照射直後からお化粧できます。

※注意点
妊娠中の方、ケロイド体質の方、日光過敏症の方、強い日焼けをしている方、ヘルペスなどの感染症の方は受けることはできません。

小禄で美容皮膚科・エステサロンを予約する

PAGE TOP